神界コースの求道の会、仕組みの会である「仕組みの会」と、(有)光泉堂、主宰する佐田靖治氏を紹介しています。土水火風空とは、自然の諸力とは? 人生道と求道、浄化行とは、仕組みとは?

十神界の神々

十神界の神々

   オオクニヌシ大神   スセリヒメ大神
   クニトコタチ大神   ヒツジヒメ大神
    イザナギ大神     イザナミ大神
    スサノヲ大神    キクリヒメ大神
   コトシロヌシ大神   ワカヒルメ大神

 神界の神々には、大きく分けて十の系統があると言います。男神五神界、
女神五神界、合わせて十神界の系統です。上の一覧で、同じ行に横に並んで
いる男神と女神は、それぞれ夫婦の関係にある神々となっています。
 そしてこの十神界の系統というものは、神界の神々だけではなく、人間、
動物、植物など全ての生命・表現体にあって、十神界の系統の流れに分かれ
ているということです。
 神々には個性があり、得て不得手があり、系統による性格付けもあって、
その神々の性格や行動の在り方などが、その神と同じ系統の人間にも映し出
されてくることになります。
 人間の場合はこの「人間の系統」を、十神界の系統、異次元との関係で調
査して(佐田靖治氏による「ミタマ調べ」と「コース調べ」有料)、その方
の「人間の系統」を見ていくことになります。

 宇宙発生の源である無源という何物かから、宇宙表現世界が生み出される。
星が生まれ、自然が整えられ、生命が発生していく。エネルギーから始まっ
て、自然の精、自然の諸力、精霊、植物、動物、人間、そして神々へと進化
していく生命進化の大きな巡り。そして神にまで進化した生命体は、神とし
ての長い寿命を終えると、新体制の仕組み宇宙に於いては、大きく巡って
いって、降りて行ってまたエネルギーから巡って行くことになります。

 旧体制の機械妖怪体制の宇宙では、進化止めの掟、呪力があって、表現体
がまともに進化出来ないように、生命進化の流れを巡ることが出来ないよう、
進化を止めてあったと言います。
 新体制の宇宙浄化宇宙変革の仕組みでは、旧体制の進化止めの呪力を解い
て、生命進化の道を正しく巡って行けるように、大きく切り替わっていると
いうことです。
                      (平成24年1月21日(土))

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional